動乱の刑事

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,836
  • Kinoppy
  • Reader

動乱の刑事

  • 著者名:堂場瞬一【著】
  • 価格 ¥1,512(本体¥1,400)
  • 講談社(2019/05発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

大義か、道義か。刑事と公安、親友同士のふたりの警官。使命の違いは、守るべきものを曇らせる。一九五二年、サンフランシスコ講和条約発効直前。東京都内の駐在所が爆破される。死者は二名。ひとりは駐在巡査、もうひとりの身元は不明。刑事の高峰は、共産党過激派の関与を睨むが、秘密主義の公安から情報が流れず、捜査は難航。高峰は、親友で公安に所属する海老沢に協力を仰ぎ、共同戦線を張って真相に近づこうとする。だが、あくまで個人への犯罪として捜査する「捜査一課」に対し、事件を利用し過激派の瓦解を目論む「公安一課」という相反する立場が、ふたりの関係に影を落とす。時代の乱れが、警察という「組織」の矛盾を生み出していく。戦後警察の光と闇を炙り出す一大叙事詩、待望の第二幕!

目次

第一部 爆破
第二部 内部の敵