70歳のたしなみ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,210
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

70歳のたしなみ

  • 著者名:坂東眞理子【著】
  • 価格 ¥1,089(本体¥990)
  • 小学館(2019/04発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 225pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784093886918

ファイル: /

内容説明

人生100年時代を生きる後半生の教科書!

 70代というのは新しいゴールデンエイジ――人生の黄金時代である。最も人生で幸福なのはいつ頃か――と問われたら、現代では70代ではないだろうか。「もう」70歳だから「今さら」何をしても遅すぎる、「どうせ」成果は上がらないと自分をおとしめるのはやめよう。

 大ベストセラー『女性の品格』から13年、昭和女子大学理事長・坂東眞理子さんが人生100年時代に放つ「後半生の生き方論」の決定版!

 かつては「60歳」が人生の大きな節目とされたが、今やそれは70歳ではないだろうか。寿命が伸び、「人生100年時代」が現実となった今、70代を昔のように「晩年」として生きるのはあまりにもったいない。

  「昔は良かった」「今どきの若者は」と不満や愚痴ばかり言ったり、昔の名刺を持ち歩いたり肩書きを自慢する「終わった人」にならず、人生を楽しむための具体的な「たしなみ」をアドバイスする。

 定年後を生きる60代、そして団塊世代の70代の人はもちろん、これから長い後半生を生きる中高年の人って、ややもすれば後ろ向きになる気持ちを鼓舞し、ポジティブに人生を楽しむ「たしなみの教科書」が誕生!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あかり

46
参考にできるところもあったけど、微妙です。⭐️⭐️ どこそこの誰々さんの話が多い… しかも皆さんが向上心を持った中流以上の生活をされている方?! 年老いてからの嗜みは大切! 2019/12/31

あつひめ

43
先のことを想像しておく、予想しておくことも大事かと手に取ってみた。とても大切なことがたくさん書かれていた。そして、今からでもできそうなことも。キョウヨウ、キョウイク。毎日用事を作り、毎日行く所を考える。現在の私も、用がないと外に出ないし、なんとなくだらっと暮らしてしまう。無理のない用事を考えたら、歩くようになり、服装も変わり、健康を意識するようにもなった。年を重ねると過去の時間が増えるけれど、いつまでも過去を思ってみても残りの時間を楽しめない。今をしっかり楽しみたいと思う。無理ない年の重ね方をしたい。2020/09/17

パフちゃん@かのん変更

32
70歳はまだですが、時間は加速していくからもうすぐかもしれません。参考にしたいこと・機嫌よく過ごすよう努める。・一番大事なのは、自分を肯定すること。自分の人生を肯定すると,人に優しくなれる。・しまっているものをどんどん使って処分する。・辛いこと悲しいことがあったのに、何とか今まで生きてきたのだと自分をいたわってあげよう。・上機嫌にふるまい、ずけずけ言わないように心がける。・自分でトイレに行ける間はぎりぎりまで自宅で暮らし、動けなくなったら施設か病院に入る。一人を恐れず嫌がらず、楽しめる楽しみを持つ。2022/02/26

とよぽん

30
同郷の大先輩、坂東眞理子先生の最新著書である。女性の自立、品格を大切にした生き方を一貫して説いてこられた方だ。本書では女性に限らず男性も、人生100年時代をどのような心の持ち方で過ごしていけばよいか、4章32節で「70歳からの黄金時代」をポジティブに語りかけている。広い視野、そして実生活に根差した見識を根底に感じる指南書だと思う。私は60歳だが、とても参考になった。2019/07/21

ヨシ

16
家族が70歳になったので、薦める前に読んでみようと思って手にとった。こんなポジティブな老人になれたらステキ。でも周りがこんなキラキラした人たちばかりだったら、怠け者の私にはシンドイです。『良いか悪いか、極端に走らず、「それも良いが別のあり方もある」…とわかったうえで、自分なりに良し!と思うことを行う。しかしそれだけにのめりこむのではなく、別の生き方の良さもわかったうえで、自分はこれでいくとソフトに信念を持つ。全力投球はするが、それが報われなくてもあきらめる。そして上機嫌に過ごす。』この言葉を胸に老いたい。2021/03/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13634599

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。