文春e-book<br> レオナルド・ダ・ヴィンチ 上

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,420
  • Kinoppy
  • Reader

文春e-book
レオナルド・ダ・ヴィンチ 上

  • ISBN:9784163909998

ファイル: /

内容説明

「あまたあるダ・ヴィンチ本のなかで、これが決定版だ」ーービル・ゲイツ絶賛
ニューヨークタイムズベストセラーリスト 第1位!

世界的ベストセラー『スティーブ・ジョブズ』の評伝作家がダ・ヴィンチの遺した全7200枚の自筆ノートをもとに執筆。その天才性と生涯のすべてを描き切った、空前絶後の決定版。「モナリザ」「最後の晩餐」ーー没後500年、最難関の謎が、遂に解かれる。

オールカラー/図版144点を贅沢にも収録。本作に惚れ込んだレオナルド・ディカプリオによる製作・主演で映画も決定。

【上巻要旨】
「芸術(アート)」と「科学(サイエンス)」を結び「創造性(クリエイティビティ)」を生み出した。科学者であり、軍事顧問であり、舞台演出家だった。光学、幾何学、解剖学などの、点と点を結ぶ芸術家であり人類史上はじめて現れたイノベーターだった。同性愛者であり、美少年の巻き毛の虜となった。

【上巻目次】
序章 「絵も書けます」
第一章 非嫡出子に生まれた幸運
第二章 師に就き、師を超える
第三章 才能あふれる画家として
第四章 レオナルド、ミラノへ”寄贈”される
第五章 生涯を通じて、記録魔だった
第六章 宮廷付きの演劇プロデューサーとして
第七章 同性愛者であり、その人生を楽しむ
第八章 ウィトルウィウス的人体図
第九章 未完の騎馬像
第一〇章 科学者レオナルド
第一一章 人間が鳥のように空を飛ぶ方法
第一二章 機械工学の研究者
第一三章 すべては数学であらわせる
第一四章 解剖学に熱中する
第一五章 岩窟の聖母
第一六章 白貂を抱く貴婦人
第一七章 芸術と科学を結びつける

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

170
レオナルド・ダ・ヴィンチを知ってはいても、伝記を読むのは初めてです。レオナルドが同性愛者で、若い時はイケ面だったとは知りませんでした。続いて下巻へ。トータルの感想は、下巻読了後に。2019/07/02

やいっち

61
とびきりのハンサムでオシャレで、気前がよく、座談の名手。才能に溢れ友人知人など交流が広い。絵画作品はとことん完璧を目指した。完成に至った作品は数点(モナリザにしても、完成したと思っていたのか?)。同性愛だからこそ、女性を性愛の念抜きで観察し尽くせたのか。  芸術的センスは、舞台や舞台衣裳にも及んだ。むしろこの方面で儲けていた。舞台装置で秀でていた。楽器の演奏も堪能。動物、特に馬が好き。動物には痛みなどの感覚がある。だから菜食主義者。植物には痛みの感覚がないからと。この点には我輩は異論がある。2019/11/14

アキ

48
ダ・ヴィンチは14歳で工房に入り、20歳台で師匠に筆を置かせる程絵画の腕前があった。自身巻き髪の美少年で同性愛者、好奇心旺盛で完璧主義者でメモ魔だった。学校に行かなかったせいで代数はおろか算術もできなかったが、物事を本質的に捉えるのに図形を介した幾何学を用いて数学が自然を理解する鍵と考えた。そしてウィトルウィウス的人体図で芸術と科学を融合させ、宇宙のなかでの人体と人体が小宇宙であることを提示した。残された7000ページのメモからこの本を著した著者も完璧主義者。同じ名前を持つディカプリオの映画が今から楽しみ2019/05/06

かんやん

40
ルネサンスの万能人の生涯を絵画や手稿から読み解いてゆく。天才に纏わる伝説・神話を解体する、というほどでもないが、簡単なかけ算を間違えたり、ラテン語の活用を書き込む上に落書きがあったり、親近感が湧く。巨大な兵器を後世に設計図通りに造ってみたら作動しなかったとな(笑)。しかし、絵を描くために光学、解剖学まで研究し、もはや研究の方がメインになったり、構想が壮大過ぎて実現しなかったり、興味が枝分かれして収拾がつかなくなったり、科学と芸術を結びつけようとした巨人は永遠に未完成のようだ。一度きりの人生では足りない。2019/05/09

assam2005

34
これを読むまでは誤解してました。レオナルド・ダ・ヴィンチとは人間の限界そのものではないか。その才能はジャンルという垣根がなく、身の周りにあるもの全てが研究対象。絵画だけとか、解剖学だけとかではなく、全ては繋がっていると強調するように。そして、一番驚いたのは、それが恵まれた学習環境下で知識として学んだのではなく、経験がベースとなっているということ。また、満月の夜の牡蠣と蟹の生態から「自らの秘密を他人に話す者は、裏切りの餌食になる」等の教訓を残すなど、この多才さは最早同じ一人の人間とは思えなくなりました。2019/05/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13546518

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。