文系が目指すべき魅力的な就職先!文系の「就職氷河期」は終わった。

個数:1
  • Kinoppy

文系が目指すべき魅力的な就職先!文系の「就職氷河期」は終わった。


ファイル: /

内容説明

さっと読めるミニ書籍です(文章量13,000文字以上 14,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の26ページ程度)

【書籍説明】

「文系」と聞いて皆さんはどんなイメージが湧くでしょうか?お堅いイメージでしょうか?それとも真面目で洗練されたイメージ?

従来において、この文系のイメージというのはとにかく「就職口を探すのが一苦労」といった、就職活動をする際に非常に困難を招いてしまう分野として知られていました。
この傾向は果たして現代でも続いているのでしょうか?

いえ、この文系学部に見られてきた「就職氷河期」の時代はすでに終わりを告げており、就職活動・転職活動の方法を上手い具合に模索することによって、
簡単に(スムーズに)理想の職先を探し出せる好都合の“学部フィールド”になっているのです。

もしかすると、理系の就職活動状況よりも遥かにメリットがあるかも知れません。

今回においてなぜ「文系」に焦点を当てたかと申しますと、現代の男女の学生において文系に所属している人が圧倒的にまだ多く、
その彼らが就職活動時に理想の職先を見つけるのに四苦八苦している状況があるからです。

ぜひ本書を活用してもらい、自分の理想的な就職先をいとも簡単に見つけられるスキルを手に入れてみてください。

【著者紹介】
佐賀裕司(サガユウジ)
フリーライター・詩人・小説家・思想家・作家。
最終学歴:同志社大学 文学部 国文学科卒業、慶應義塾大学文学部在学中(2018年現在)

先年、文学仲間とともに同人誌を公表し、その後は個人で「自然主義幻想文学… 以上まえがきより抜粋

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数1286件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす