2019年版 出る順宅建士 ウォーク問過去問題集 - 2 宅建業法

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,620
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

2019年版 出る順宅建士 ウォーク問過去問題集 - 2 宅建業法

  • 著者名:東京リーガルマインド
  • 価格 ¥1,600(本体¥1,482)
  • 東京リーガルマインド(2018/12発売)
  • 桜開花宣言!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~3/24)
  • ポイント 350pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

《基礎はもちろん、難易度・高の問題にも揺るがない、万全の実力をつけるシリーズ!》
★試験対策の大本命!コンパクトなのに知識量大の、LEC定番の過去問題集!★

-Topic- [ 2018年度宅建士試験について]
2018年度宅建士試験は、「基本」となる知識をしっかりおさえ、いかにミスなく解答できたかがカギとなった試験でした。
また、深い理解がなければ解けない問題も登場している点から、受験者に求められるレベルは、今後も高いままの傾向が続くと思われます。

《合格に必要な問題厳選で、出題傾向知識と、実力が身につく!》
問題量・解説量・持ち運びやすさ 全てのバランスが取れた、人気定番過去問題集!
本書は、宅建士試験はじめての方から、リベンジ受験に挑む方まで、宅建士試験のキモとなる過去問学習を、効率よく行いながら、問題傾向を掴みやすいよう工夫をこらした過去問題集です。

過去30年分の問題から厳選した、合格に欠かせない重要な問題を収録し、日々の学習に使いやすい書籍に仕上げました。

最新の本試験問題(平成30年度)も掲載していますので、試験傾向をおさえながら、本番に対応しうる実力の養成ができます。

本書をご利用いただき、ぜひ本年の試験合格を勝ち取ってください!


:::::本書の特長:::::
《1》試験合格の鍵となる過去問を厳選して収録。
正誤の理由がわかりやすい詳細解説もあわせて読むことで、本試験で問われる知識が深まります。

《2》 最新の出題傾向をふまえ、合・不合格者正解率や、重要度ランクを各問題に表示。
自分の解答力の目安に使うのにも便利です。

《3》答がすぐに見えないよう、問題文の裏に正解・解説を印刷。

《4》わからなかった問題知識の復習に便利! 同シリーズの『合格テキスト』の該当ページを記載。
シリーズをあわせて使うことで、より効率的に学習出来ます。

※本書は、2018年11月1日時点で施行されている法令及び2019年4月1日までに施行を見込む法令を基準に作成しています。

ISBN:9784844996835
2018年12月20日第32版発行を電子化

※本電子書籍は全てのページが固定レイアウトになっております。マーク、メモ、文字列の検索・引用などの機能は使用できません。
※ご購入前に、試し読みにて表示状態・画像解像度・機能等についてご確認ください。
※紙書籍とは一部異なる仕様となっております。あらかじめご了承ください。

目次

第1編 宅建業法(宅建業の意味;事務所の設置;免許の申請;免許の効力;免許総合;事務所以外の場所の規制;宅地建物取引士の登録;宅地建物取引士証;宅地建物取引士総合;手続きの総合問題 ほか)
第2編 平成30年度本試験問題