伊四〇〇型潜水艦最後の航跡  下

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

伊四〇〇型潜水艦最後の航跡 下

  • 著者名:ジョン・J・ゲヘーガン/秋山勝
  • 価格 ¥1,320(本体¥1,200)
  • 草思社(2018/11発売)
  • Kinoppy 電子書籍 全点ポイント25倍 5000円以上でボーナスクーポンGET!(~7/3)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784794223456

ファイル: /

内容説明

戦局は悪化の一途をたどり、敗戦のときは刻々と迫っていた。

米国東海岸攻撃という当初の計画はパナマ運河爆撃へと変更され、それもまた西太平洋ウルシー泊地の米機動部隊への奇襲攻撃「嵐作戦」へと変更される。

第一潜水隊伊400潜と伊401潜は、最初で最後の攻撃作戦へと向かうが、その途上で運命の8月15日を迎える。

やがて米軍に拿捕された両艦は、徹底的な精査を受けたのちに雷撃処分を受け、その悲運の生涯を閉じたのだった。

そして60年後。オアフ島沖合の冥界から伊401潜、伊400潜がその姿を再び現す――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

RS

1
終戦ギリギリまで作戦が進められていたことを初めて知る。玉音放送が1か月、1週間遅ければどうなっていたのか。降伏艦として艦員がどう考えどう行動したか、ドラマが詰まっている。最後に触れられていた帝国軍部におけるNIH症候群は現在日本の製造業でも問題。日本人の島国メンタリティも寄与しているのだろう。根深い。2020/02/08

Mits

1
最後は大体こうなることはわかっていた。それにしても、この著者はアメリカ人なのに、当時の日本の軍人を理解しようと良く努力してるね。2018/11/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13040387

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす