マグノリアブックス<br> 警官の街

紙書籍版価格 ¥1,100

マグノリアブックス
警官の街


内容説明

三カ月間で四人の警官が殺された。ひざまずかされ、額に一発の銃弾を受けて処刑されたのだ。目撃者もなく証拠も出ていないために、容疑者はいない。警官たちが犯人を〈アトランタ・シューター〉と呼びはじめたなか、五人目の犠牲者が出た。いままでと犯行スタイルが異なっていることから、犯人は〈シューター〉ではないかもしれないという意見が出る。男性警官の意見しか重要視されないものの、マギーはほかの警官の見解に納得できない。彼女は独自の捜査をすることにしたが──。人種差別や女性蔑視が横行する一九七四年のアトランタを舞台にした犯罪小説。