鳥の卵 - 小さなカプセルに秘められた大きな謎

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,970
  • Kinoppy

鳥の卵 - 小さなカプセルに秘められた大きな謎


ファイル: /

内容説明

たまご形、洋ナシ形、球形など、卵の形や色・模様がこれほど多様なのはなぜ?
卵の尖った先と丸い先、どちらが先に出てくるのか?
卵白の中にある「ヒモのようなもの」の役割は?

鳥の卵は「美しさでも機能的にも完璧」だという鳥類学者が、卵に取り憑かれたコレクターや博物学者の多彩なエピソードを交えつつ、殻の色模様や形から、卵黄・卵白、産卵、ヒナの孵化に至るまで、卵にまつわるいくつもの「なぜ?」を解明する。カラー口絵8ページつき。

目次

第1章 卵採りとコレクター
第2章 卵殻ができる仕組み
第3章 卵の形の謎 
第4章 卵の色――色がつく仕組み 
第5章 卵の色――なぜ進化したのか? 
第6章 卵白と微生物戦争 
第7章 卵黄、卵巣、受精 
第8章 産卵、抱卵、孵化 
第9章 エピローグ――ラプトンの遺産