文春e-book<br> ゴンちゃん、またね。

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

文春e-book
ゴンちゃん、またね。

  • 著者名:ビートたけし【著】
  • 価格 ¥1,119(本体¥1,018)
  • 文藝春秋(2018/09発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

ビートたけしがみずからの愛犬に託して描き出す現代の寓話。
週刊文春に一挙掲載した短編に自作の絵を多数収録した大人のための絵本。

冴えないフリーライターの則之は両親が遺してくれた家で二流雑誌のインタビュー企画のテープ起こしをしながら細々と生計を立てている。
会話もない暮らしにあたたかみを添えてくれるのは一年前に飼い始めた柴犬のゴン。
ゴンと散歩し、仕事に出かけては自称ラーメン界の風雲児、頭からっぽのアイドル、オカマになったヤクザの親分など真面目なのか笑っていいのかわからないインタビュー記事をまとめ、また夕方にはゴンと散歩に出かけて商店街で焼き鳥を買って食べさせ、いつものコースを帰ってくる。
時にはゴンを抱きしめて涙ぐんだりしつつ、一人と一匹の毎日は何の変哲もなく過ぎていく。
しかし、ある日の散歩の途中でゴンが姿を消してしまい……。

孤独であること、愛情でつながること、生きていくこと。
人間の根源にあるさみしさを、ビートたけしならではのユーモアとペーソスですくいあげる佳編。
笑って、泣いて、誰かと話したくなる一冊です。