嘉納治五郎 風雲録 - 2巻

個数:1
  • Kinoppy

嘉納治五郎 風雲録 - 2巻


ファイル: /

内容説明

全国制覇統一を目指す嘉納一門に
精鋭武闘家たちが挑む!!

[主な登場人物]
●嘉納治五郎(かのう じごろう)
1860(万延元)年~1938(昭和13)年、摂津国御影村(現・兵庫県神戸市東灘区御影町)に生まれる。様々な流派がしのぎを削る明治期、柔術を道(どう)として極め、講道館柔道の創始者であり柔道・スポーツ・教育分野の発展、日本のオリンピック初参加に尽力するなど、日本に於けるスポーツの礎を築く。「柔道の父」「日本の体育の父」とも呼ばれている。
●西郷四郎(さいごう しろう)
会津・大東流合気柔術の流れをくみ嘉納の門下生となる。山嵐なる技でめきめき頭角を現す。
●富田屋の娘・加代(かよ)
暴漢に襲われたところを西郷に助けられ、それが縁で西郷に恋心を抱く。
●戸塚清次郎(とづか せいじろう)
戸塚楊心流の柔術を受け継ぐ柔術界の佐々木小次郎と異名を持つ天才児。西郷とは宿命のライバル。
●飯久保恒年(いいくぼ つねとし)
柔術・天神真楊流起倒流の流れをくむ嘉納治五郎の師匠。
●富田常次郎(とみた つねじろう)
柔らの道を極めようとする、嘉納の門下生。
●清水次郎長(しみず じろうちょう)
荒くれ若集・猛者を集めた魚河岸の道場主で大親分。
●横山作次郎(よこやま さくじろう)
湯島天神下、井上啓太郎道場の門下の元ヤクザ。のちに嘉納の門下生となる。
●山下義韶(やました よしかず)
神田お玉が池の北辰一刀流千葉道場で塾頭を務めた父を持つ猛者。嘉納の門下生。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす