文藝春秋 電子版<br> 文藝春秋 電子版 2018年9月号

個数:1
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文藝春秋 電子版
文藝春秋 電子版 2018年9月号


ファイル: /

内容説明

大正12年の創刊以来、「文藝春秋」の時流におもねらない柔軟な編集方針は、地域、年代、活躍する分野を超えて多くの人々に支持されています。掲載された記事が世の中に大きなインパクトを与えた例は数多くあり、その社会的影響力を強固なものにしてきました。また、各界の著名人が登場するグラビア「小さな大物」「同級生交歓」などコラムや連載小説にも定評があります。硬派なジャーナリズムから、その時々の文化、芸能、スポーツの話題まで、圧倒的な情報量を発信するナンバーワン総合月刊誌です。
―――――
この雑誌は、「リフロー型のコンテンツ」として構成されています。 詳細は、ストアサイトの「ご利用方法-取扱商品について」をご確認ください。

目次

月刊「文藝春秋」9月号

【第159回 芥川賞発表 受賞作全文掲載!】
「送り火」高橋弘希(たかはしひろき)
少年たちが“暴力の果て”に見たものは
受賞者インタビュー「小説って、突然書ける日が来るんです」
〔選評〕 小川洋子、山田詠美、島田雅彦、川上弘美、
宮本輝、高樹のぶ子、吉田修一、堀江敏幸、奥泉光
特別寄稿 フィクションと盗用、選考委員はこう考える 島田雅彦

◎「反軍演説」の昭和十五年そっくりになってきた 安倍総理よ、命を懸けて私は闘う 石破茂
自民党はなぜ物言えぬ党になった。総裁選で堂々と政策論争しよう
◎赤坂自民亭、参院定数増、カジノ……。
安倍モヤモヤ政権をSNSとダメ野党が救う 御厨貴

【独占手記】
◎このまま死んでしまいたい――
逮捕から2年半の地獄をすべて語る 清原和博
薬物依存症と甲子園の夢

◎私とオウム真理教の三十年闘争 四女と麻原彰晃の遺体を見送って 弁護士 滝本太郎
◎「裏口入学」文科省局長の悪だくみを暴く 森功
◎AI時代の世界を担う俊英がここにいる
孫正義が支援する「若き異才」96人 森健

◎両陛下最後の8月15日 前侍従長 川島裕×保阪正康
◎沖縄戦「集団自決」慟哭の新証言 亀山亮

◎あえて言います 眞子さま、初恋を貫いて! 林真理子×東村アキコ
◎「スマホゲーム依存」が若者の脳を破壊する 医師 樋口進

【夏休み特別企画】
◎孫と読みたい一冊
49人が選んだ、世代を超えて読み継がれるべき名著
●安野光雅『赤毛のアン』●山川静夫『海軍主計大尉小泉信吉』
●畑正憲『アヴェロンの野生児』●ちばてつや『ぼくを探しに』
●佐伯泰英『戦中派不戦日記』●小林信彦『不思議の国のアリス』
●槇文彦『坊っちゃん』●石原慎太郎『考えるヒント』
●嵐山光三郎『ガリヴァ旅行記』●渡部恒三『宮本武蔵』
●角川歴彦『青年の樹』●鷲田小彌太『紙つぶて』
●明石康『徒然草』●外山滋比古『科学者とあたま』
●棚橋祐治『きけわだつみのこえ』●張本勲『あの戦争は何だったのか』
●古森重隆『宮本武蔵』●平沼赳夫『日本は誰と戦ったのか』
●三浦雄一郎『星の王子さま』●萩本欽一『小さいサムライたち』
●綿貫民輔『幸田露伴の語録に学ぶ自己修養法』●山折哲雄『死線を越えて』
●伊東四朗『鼻・蜘蛛の糸』●保阪正康『お嬢さん放浪記』
●桂由美『花埋み』●樋口武男『人を動かす』
●毒蝮三太夫『フレディの遺言』●杉良太郎『航跡ロシア船笠戸丸』
●原一男『小説の書き方』●みなみらんぼう『河童』
●宮内義彦『天皇の世紀』●三枝成彰『日本軍兵士』
●畑村洋太郎『子どものための危険学』●堺屋太一『成功への情熱』
●木村太郎『太平洋ひとりぼっち』●速水融『ヨーロッパ世界の誕生』
●渡辺恒雄『ものの見方について』●養老孟司『昆虫記』
●坂東眞理子『日本の歴史』●山崎正和『マクベス』
●川淵三郎『ドラッカーの講義』●みのもんた『ウサギとカメ』
●岸田秀『何ゆえの戦争か』●丹羽宇一郎『一九四五年 チムグリサ沖縄』
●長部日出雄『古事記』●堀威夫『アメリカ本土を爆撃した男』
●尾崎護『フランダースの犬』●千玄室『日本人の忘れもの』
●江崎玲於奈『生命とは何か』

◎「孫育て」で人生をリメイクしよう 安藤和津×久田 恵

◎世界最高峰の医学雑誌が保証する 糖尿病専門医 牧田善二
一〇〇%カラダにいい食品18品目リスト付 ◎夫・浅利慶太「寂しん坊」の先生へ 野村玲子
◎歌丸さん、あの世で談志と待ってろよ 毒蝮三太夫

◎徹底討論 邪馬台国は「三世紀の明治維新」だ 保立道久×寺沢薫×倉本一宏
◎PL×横浜名将対談 「最強チーム」には秘密がある 中村順司×渡辺元智

◎歴史対談 江戸無血開城「反戦」の武士道 浅田次郎×吉川晃司
◎この人の月間日記 陽水さんの歌詞を世界へ ロバートキャンベル