宝灯堂機譚(3)

紙書籍版価格 ¥616

宝灯堂機譚(3)


内容説明

大楼閣を形成する三派閥、機械技術を担う「白亜技師団」と、自然環境保全を担う「天鳥船」、そして秩序と安寧を担う「大楼閣軍部」のトップが集まる三柱会議が幕を開けた。大楼閣に甚大な被害を出している暴走化事件の議論を皮切りに、それぞれの思惑が交差し始める。果たしてヒトとモノ、共存する道はあるのか――。問いかける第3巻!!