文春e-book<br> 選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,836
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春e-book
選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子

  • 著者名:河合香織【著】
  • 価格 ¥1,800(本体¥1,667)
  • 文藝春秋(2018/07発売)
  • 令和初!初夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~5/26)
  • ポイント 480pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

その女性は、出生前診断をうけて、「異常なし」と
医者から伝えられたが、生まれてきた子はダウン症だった。
函館で医者と医院を提訴した彼女に会わなければならない。
裁判の過程で見えてきたのは、そもそも
現在の母体保護法では、障害を理由にした中絶は
認められていないことだった。
ダウン症の子と共に生きる家族、
ダウン症でありながら大学に行った女性、
家族に委ねられた選別に苦しむ助産師。
多くの当事者の声に耳を傾けながら
選ぶことの是非を考える。

【目次】
プロローグ 誰を殺すべきか?
第一章 望まれた子
第二章 誤診発覚
第三章 ママ、もうぼくがんばれないや
第四章 障害者団体を敵に回す覚悟はあるのですか?
第五章 提訴
第六章 母体保護法の壁
第七章 ずるさの意味
第八章 二十年後の家族
第九章 証人尋問
第十章 無脳症の男児を出産
第十一章 医師と助産師の立場から
第十二章 判決
第十三章 NIPTと強制不妊
第十四章 私が殺される
第十五章 そしてダウン症の子は
エピローグ 善悪の先にあるもの