文春e-book<br> 赤い風

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,944
  • Kinoppy
  • Reader

文春e-book
赤い風

  • 著者名:梶よう子【著】
  • 価格 ¥1,599(本体¥1,481)
  • 文藝春秋(2018/07発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

江戸前期、武士と農民が身分をこえて空前の大開拓に挑む!
川越藩主・柳沢吉保とその懐刀・荻生徂徠。

徳川綱吉の治世下、川越藩の領内では、牛馬のための飼料や堆肥のための草を採取する秣場(まぐさば)での、農民同士の諍いが何十年も絶えなかった。
集団で襲われ、百姓が命を落とす悲劇までおきていた。

そんな中、新たに藩主についた柳沢保明(のちの吉保)は、諍いの場となっている荒涼たる原野を二年で畑地にせよ、という前代未聞の命を下した。
曾根権太夫ら側近の家老らを現地に派遣し農民を指揮させたが、やがて武士と農民の間には軋轢が生じ、二年での完成が危ぶまれていく。
そんな中、保明は懐刀の荻生徂徠を現場に送り込み、事態の打開を試みるが……。

著者畢生の傑作時代長篇!