Number 電子版<br> Number7/17臨時増刊号 日本代表 未来への扉 (Sports Graphic Number)

  • ポイントキャンペーン

Number 電子版
Number7/17臨時増刊号 日本代表 未来への扉 (Sports Graphic Number)


内容説明

1980年に創刊された日本で初めてのスポーツ総合誌です。毎号、野球、サッカー、フィギュアスケート、ラグビーなど様々なスポーツの話題の選手が登場。美しい写真とクールなレイアウトも魅力のスポーツ好きのバイブル!

目次

WORLD CUP RUSSIA 2018
SPECIAL ISSUE 2

日本代表 未来への扉。

歴史を塗り替えるまであと一歩だった。
壁を打ち破るには何かが足りなかった。
それでも、想像を遥かに超えて強豪と互角以上に渡り合った彼らの死闘は、小さくない実りをもたらした。
未来への扉に、手はかけられたのだ。


[94分間の死闘]
vs. ベルギー「悔やみきれない衝撃の結末」

[激動の3カ月]
西野ジャパン「未来に残したもの」

[独占インタビュー]
乾貴士「ゴールの予感はあった」

[狙い澄ましたスーパーゴール]
原口元気「『心』と『体』を武器にして」

[頼もしきサイドバック]
酒井宏樹「今日も決勝のつもりで」

[31歳の自信と落ち着き]
長友佑都「スポンジのような心」

[新たな司令塔の誕生]
柴崎岳「次はベスト8に」

[献身の集大成]
長谷部誠「どこまでも熱く、どこまでも冷静に」

[逞しきDFリーダー]
吉田麻也「変わらぬ器、変わった強さ」

[唯一の国内組が掴んだもの]
昌子源「もう涙を流さぬために」

[10番のリベンジの結末]
香川真司「後悔はなく、されど満足もなく」

[ロンドン世代リーダーの無念]
山口蛍「果たせなかった情熱」

[エースの手応え]
大迫勇也「再び戻るべき場所」

[メンタルモンスターの真実]
川島永嗣「最後の支え」

[最後まで優勝を目指した男]
本田圭佑「挑戦が終わった」

[歴代監督の目]
オシム「日本は新たな歴史を築いた」
トルシエ「あのCKはナイーブすぎた」
ザッケローニ「想像を超えるプレーだった」

※「Number臨時増刊号 日本代表 未来への扉」電子版の編集ページは紙版と同内容のものです。