お金は寝かせて増やしなさい

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy

お金は寝かせて増やしなさい

  • 著者名:水瀬ケンイチ
  • 価格 ¥1,320(本体¥1,200)
  • フォレスト出版(2018/06発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784894517837

ファイル: /

内容説明

◆金融のど素人でもプロと互角以上に戦える
インデックス投資の入り口から出口戦略まで一挙解説!

もっともポピュラーなのが株式投資ですが、
ハイリスクなギャンブル的要素が濃いものです。

◆では、できるだけリスクなく
「お金を安全に増やし続ける方法」はあるのでしょうか?
 あります。
 それが「インデックス投資」です。

でも、インデックス投資で儲けた人の話を、
あまり聞いたことがないはずです。

それもそのはず。
日本にはインデックス投資の長期実践者がまだほとんどいません。
なぜなら・・・
日本でマトモなインデックス投資ができるようになってから、
まだ10年も経っていないからです。

◆本書は、日本国内のインデックス投資黎明期から
およそ15年間にわたってドルコスト平均法の積み立てによる
インデックス投資を実践してきた
インデックス投資のバイブル的存在となったブログの著者が
これまでに体験のなかで得た叡智を惜しみなく公開した
インデックス投資指南の珠玉の1冊(決定版!)です。

じつは世界的には超スタンダードな投資法!
低金利どころか、マイナス金利の時代。
積み立て長期投資の「インデックス投資」は
がぜん注目を浴びています。
でも、これ、じつはアメリカでは家庭の主婦でも
あたりまえに知っている世界標準の
スタンダードな投資法でした(!)。

たとえば、われわれの公的年金を運用する
日本最大級の機関投資家である
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の
運用資金145兆円のうち、77%を占める112兆円が
インデックス運用されています(2017年3月)。

◆1973年に初版が出版されてから、改訂を重ねながら
世界中で読み継がれる累計150万部超のロングセラー
『ウォール街のランダム・ウォーカー(原著第11版)』でも――

「個人投資家にとっては、個々の株式を売買したり、
プロのファンドマネジャーが運用する投資信託に投資するよりも、
ただインデックスファンドを買ってじっと待っている方が
はるかによい結果を生む」

――といきなり1ページ目に書いてあるのです。
じゃあ、なんでもっと広く知られていないの??

理由は、証券会社や銀行が儲からないからです。
「手数料ビジネス」で稼いできましたから。

◆インデックス投資歴15年の実践者が!
投資のプロでもないフツーのサラリーマンが
徹底した個人投資家の目線で
プロに負けない、いや、プロと互角以上に戦える
インデックス投資の始め方から終わらせ方(!)まで
世界一わかりやすく解説したのが本書。

・なぜ、インデックス投資が最強なのか?
・お金を寝かせてほったらかして増やすやり方とは?
・投資を始める前に最低限すべきこと
・金融のど素人がプロに騙されないためには?
・じつは意外と難しい長期投資をコツコツ続ける秘訣
・インデックス投資をいつ終わらせればいいのか?
――などが「なるほど」と腑に落ちます。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

273
インデックスファンドをすすめるブロガーさんの著作。ストーリーマンガが章ごとにちょいちょい挟まれていて、絵柄がかわいいのは好み。また、タイトルや想定以上にけっこう詳しくてガッツリした内容が書かれているので、読み応えは十分。積み立てNISAやiDeCoにも触れてあり、出口戦略にもページがされていて、必要な情報はおおよそ網羅している満足度の高さ。もちろん文章は読みやすく、投資初心者でも理解しやすいので、おススメできる一冊。2018/02/01

Shoji

51
インデックス投資を解説した本です。アセットアロケーションの重要性、ドルコスト平均法の利点、リバランスの重要性を述べています。巷に多く溢れている本といえばそれまでですが、、、、。分かりやすく解説されていたのと、著者の15年間の金融資産の推移が非常に興味深かったです。特に、リーマンショックや東日本大震災による資産の暴落と、アベノミクスや黒田総裁の金利オペレーションに伴う資産の増加には、私も納得でした。2018/02/20

ベラ

47
この間、ロボアドバイザーの本を読んで早速開設した。この本では、ロボアドの手数料年1%は高いって書いてある。インデックス投資をしておれば、日常的に一喜一憂する必要がなくなるだけでも助かるから、ポートフォリオ組みとリバランスは自力がいいのかも。ウェルスナビは今キャンペーンをやっているので、1年は1%でロボに管理してもらって、2年目から自力でできるようにロボのポートフォリオを参考に勉強してみるっていうのがいいような気がした。それにしてもインデックスファンドとネット証券はありがたい!寝かせてっていう気楽さが最高。2019/03/15

けぴ

35
株の売買というと難しそうであり、常に上がり下がりが気になりそう。それに対する答えがインデックス投資。国内外の株や債券に広く投資してくれるのでリスクが分散する。数年単位では上がり下がりがあっても10年単位のスパンで見れば世界の経済は必ず上昇。すぐ使う予定が無いお金の貯め方として合理的と感じました。2018/12/29

kawa

30
投資のお師匠さんは、勝手に山崎元氏と思っており、氏が推薦する著者・水口氏はとても気になる方。これまでも、ブログなど覗き見はしていたのだが、きちんと本を読んだのは初めて。これまで私は、売買タイミング重視でインデックス投資思考を少々併用派だったのですが、本書を読んで、改めてアベノミクス以後の投資や、リスク許容度、ポートフォリオを振り返る機会が持てて感謝。若者、初心者向け書籍なので、これから将来のために投資を考えている人にはお勧め。2018/06/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12439330

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。