休み時間シリーズ<br> 休み時間の免疫学 第3版

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,200
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

休み時間シリーズ
休み時間の免疫学 第3版

  • 著者名:齋藤紀先【著】
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 講談社(2018/06発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 600pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784061557185

ファイル: /

内容説明

第2版から全編をフルカラー化。国試問題はさらに充実。教科書や専門書は難しすぎて困るという人におすすめ。アレルギー反応別に本文を色分けしたので、複雑な免疫反応も目で見てわかる。

目次

Chapter 1 細菌感染に対する防御反応のストーリー
Chapter 2 細菌感染における抗体産生のストーリー
Chapter 3 ウイルスに対する防御反応のストーリー
Chapter 4 補体と免疫細胞
Chapter 5 適応免疫に関わる物質 抗体・抗原
Chapter 6 適応免疫に関わる細胞 リンパ球の世界
Chapter 7 免疫による感染症の防御
Chapter 8 過剰・異常な免疫による疾患のメカニズムI:I型アレルギー
Chapter 9 過剰・異常な免疫による疾患のメカニズムII:I型アレルギー以外の免疫疾患
Chapter 10 免疫細胞を制御するもの 分子生物学へ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ねむりねずみ

6
当方、落ちこぼれ医学生。免疫学の試験対策に、周りが皆読んでるので読んだ。想像より免疫学ってややこしいし、多い(白目)この本わかりやすかったけどね。通読に五時間かかった。生化学やら病理学やら感染症学やらの授業で断片的に入ってきてた知識がひょいひょい出てきたので、基礎知識って大事だなと漸く実感…(注意すべきは私の基礎知識は三回生相応レベルより大分低いこと。知識が繋がってないのも知識がないのも落ちこぼれたる所以。)前書き曰く医療系生物系大学生向け入門書(!)らしいのでそのうち丸暗記不可避の本である。2019/07/30

タツノコメバル

4
新型コロナウイルス関係、Twitterにて紹介されていたので読んだ。予習していた甲斐もあってか素人ながらするすると内容が入ってきた。 ヒトの免疫がこうも複雑で、深層防護的に出来ているのに感心する。免疫機構はどのように進化してきたのか、もっと学びたい。 そして昨今のデマや迷信、似非科学を判断するためにもこのあたりの知識は必須だろう。 これからも日々学び、鍛えていきたい。2020/02/22

ちゅん

2
免疫学のテキスト。 登録販売者研修で免疫の話を聞いたが全くわからず、少し勉強してみようと思った為、購入。 そんななので、chapter2くらいからよくわからなくなり、後半は何が何だかんだサッパリ……。ただ、文章そのものは易しくて、読みやすかった。 コラムが面白かった。2019/12/20

ちゃの

2
明日テストなので範囲だけさらっとおさらい。見やすい図でしっかりとポイントが押さえられていてとてもよかった。複雑でポイントごとで覚えていたものが一本の線で繋がった感じがする。次のテストでも参考にしたい。2019/11/14

mozamimy

2
好きになる免疫学を読んでから、この本を一通り読みました。この本も、豊富なイラストと面白い語り口で、スルスルと読めたように思います。 好きになる免疫学ではあまり解説されていなかった、細胞内での情報伝達の機序や臨床医学的な側面からの解説も盛り込まれていて、より身近に(?)感じられる知識が得られたのかなと感じています。2018/11/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12573993

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。