幻冬舎新書<br> ゴッホのあしあと 日本に憧れ続けた画家の生涯

個数:1
紙書籍版価格 ¥820
  • Kinoppy
  • 特価

幻冬舎新書
ゴッホのあしあと 日本に憧れ続けた画家の生涯

  • 著者名:原田マハ【著】
  • 価格 ¥779(本体¥722)
  • 特価 ¥467(本体¥433)
  • 幻冬舎(2018/05発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

生前一枚しか絵が売れず、三七歳で自殺したフィンセント・ファン・ゴッホ。映画「炎の人ゴッホ」の影響もあり不遇をかこった狂気の天才という印象が強く、死後高騰し続ける作品は、今では時に百億円を超える金額で取引され、センセーショナルに語られることが多い。だが真の姿は写実絵画から浮世絵、空想画と新しい描法を研究し独自の様式を追い続けた努力の人。またラテン語とフランス語を巧みに操る語学の才をもち、弟宛の膨大な手紙は「告白文学の傑作」として読み継がれている。新たな「人間・ゴッホ」像に迫る。