Number 電子版<br> Number(ナンバー) 951号 電子版

  • ポイントキャンペーン

Number 電子版
Number(ナンバー) 951号 電子版


内容説明

1980年に創刊された日本で初めてのスポーツ総合誌です。毎号、野球、サッカー、フィギュアスケート、ラグビーなど様々なスポーツの話題の選手が登場。美しい写真とクールなレイアウトも魅力のスポーツ好きのバイブル!

目次

ICHIRO 2018 BACK TO MARINERS

6年ぶりのマリナーズ復帰。5年ぶりの開幕スタメン。
44歳のレジェンドは、その身におきた幾多の困難を、
積み重ねた自信と不断の努力で乗り越え、メジャー18年目の春を迎えた。
ロングインタビューで語られる、大きな「失意」と、たどり着いた「泰然」とは。
番記者レポートやチームメイト連続インタビュー、マリナーズのレジェンド紹介、
近年イチロー選手との深い交流を続けているトヨタ自動車・豊田章男代表取締役社長からのメッセージや、
特別ノンフィクション「2001年のシアトル・マリナーズ」など、
全編、シアトルに帰還したイチロー選手の大特集です。

[ロングインタビュー]
イチロー 「失意と泰然」

[番記者レポート]
ジェットコースターの日々

[徹底分析]
2012→2018 イチロー進化論

[チームメイト連続インタビュー]
エドガー・マルティネス/マイク・リーク/ディー・ゴードン
「ともに戦える喜び」

[現地メディアの証言]
イチローはシアトルの誇りである。

[メッセージ(1)]
トヨタ自動車代表取締役社長
豊田章男 「イチロー選手が教えてくれたこと」

[メッセージ(2)]
稲葉篤紀「侍ジャパンの一員なんです」

[メッセージ(3)]
フリオ・フランコ 「年齢なんてただの数字さ」

[メッセージ(4)]
ジャスティン・ボーア 「イチに会いたくて、日本へ行ったんだ」

[メッセージ(5)]
田口壮 「世界で一番野球が好きな人間」

[随想]
イチローと大谷翔平「ふたつの才能、ひとつの野球愛」

[遥かなるマリナーズ(1)]
強くて弱い、マリナーズの歴史

[遥かなるマリナーズ(2)]
ケン・グリフィーJr./ランディ・ジョンソン/アレックス・ロドリゲス
「シアトルで輝いた3人のレジェンド」

[遙かなるマリナーズ(3)]
2001年のシアトル・マリナーズ──新人イチローがもたらしたもの

[復帰インタビュー]
上原浩治 「43歳でも、投げたくて」

サッカー日本代表
[新指揮官の手腕]
西野朗「選手ありき、相手ありきのリアリスト」

[サッカー協会会長独占インタビュー]
田嶋幸三 「関係は修復不可能だった」

[2018ダービー馬を探せ!#4]
エポカドーロ「覚醒した怪物の子」

[レッスルマニアの真実]
中邑真輔「新たなる始まり」

[初防衛インタビュー]
村田諒太「邪念の先にみえたもの」

[GWスペシャル対談]
芝山幹郎×ライムスター宇多丸
「映画とスポーツの幸福な関係」
 
[連載#20]
清原和博 告白 「俺、もうやめるわ」

※「Number951号」電子版の編集ページは紙版と同じ内容です。