「第三の耳」で聞く! LESSON6

個数:1
  • Kinoppy

「第三の耳」で聞く! LESSON6


ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「第三の耳で聞く!」は「英語の本の“百円ショップ”シリーズ」作品の(その4)として湘南出版センターから発行されている。☆内容は“レッスン1”から“レッスン7”の“7”のレッスンに分かれている。☆“紙の本”(CD1枚付)は定価が(1800円+税)となっているが、電子版については“レッスン1”から“レッスン7”までをすべて無料でダウンロードできる。(音声も無料ダウンロード)。☆この本のセールスポイント。→人間の言語中枢はおおむね13歳ぐらいまでに形成される。そのため言語中枢の形成期を過ぎた“中学生”ぐらいの年令になると、どうしても外国語を聞く場合に日本語から外国語へ「リズム」の切り替えがスムーズに出来なくなり、外国語がうまく聞き取れなくなる。そこで“13歳”を過ぎたら「左右の耳」(第1、第2の耳)に代わる「新しい耳」(第3の耳)を使う。そうすると本場の「ナマの英語」がそれ以前のヒアリングのレベルから比べると2倍も3倍も上手に聞きとれるようになる。しかも、その「第三の耳」の習得方法は実に簡単。毎日の「TODAYS INSTRUCTIONS」に従って1日“15分間”のヒアリング・レッスン。それを“7日間”続けるだけ。それがこの本の最大のセールスポイント。