自動人形の城 - 人工知能の意図理解をめぐる物語

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,376
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

自動人形の城 - 人工知能の意図理解をめぐる物語

  • 著者名:川添愛
  • 価格 ¥2,160(本体¥2,000)
  • 東京大学出版会(2018/03発売)
  • 桜開花宣言!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~3/24)
  • ポイント 500pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

勉強ぎらいでわがままな11歳の王子.彼の浅はかな言動がきっかけで,邪悪な魔術師により城中の人間が人形に置き換えられてしまった.その絶望的な状況に王子はどう立ち向かうのか? そして,城の人たちは無事帰還することができるのか? 「人工知能」と「人間の言葉」をテーマとして,『白と黒のとびら』『精霊の箱』の著者が創作する新たな世界.

目次

主な登場人物
第1章 絶望と呪い
第2章 人形と猫
第3章 炎と涙
第4章 戦闘と料理
第5章 作戦と作法
第6章 逡巡と決断
第7章 敵と客人
第8章 献身と意志
第9章 贖罪と喜び
解説
1 人間の言語能力
2 言葉による意図理解
3 言われたとおりに行動すること
4 その他の話題
あとがき