平凡社新書<br> 墨子よみがえる

個数:1
紙書籍版価格 ¥820
  • Kinoppy

平凡社新書
墨子よみがえる

  • 著者名:半藤一利【著】
  • 価格 ¥820(本体¥760)
  • 平凡社(2017/12発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

現代に「非戦」や「愛」を説き続けることは、理想を語るにすぎないか?二五〇〇年前、中国で義を重んじ、兼愛と非攻を説いた墨子の思想こそ、これからのよき日本再建のために、なにより世界平和のために、いま、読まれるべき-そう確信する筆者が熱く語る、墨子のすすめ。

目次

前口上 墨子が読まれるべき秋
第1話 あまねく人を愛すること
第2話 国家百年の計は人材登用にあり
第3章 「天」と「鬼神」は存在する?
第4章 「運命論」「宿命論」を否定する
第5話 「君子は鐘の如し」について
第6話 義のために死すとも可なり
第7話 いかなる戦争にも正義はない
第8話 心の中に強靱な平和の砦を築かん
後口上 墨子の精神を世界に拡げよう