角川書店単行本<br> 青梅線レポートの謎

個数:1
紙書籍版価格 ¥907
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川書店単行本
青梅線レポートの謎

  • 著者名:西村京太郎【著者】
  • 価格 ¥907(本体¥840)
  • KADOKAWA(2017/11発売)
  • 梅雨空に負けるな!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~6/23)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

奥多摩で「OMレポート、もしくは青梅線レポートを知らないか」と訪ね歩いていた男が刺殺された。被害者の足どりを追って奥多摩へ向かうことになった十津川警部。数ヶ月前、奥多摩町役場の助役の娘・亜紀も、同じ言葉を口にしていたが、行方不明になっていたことが判明する。十津川は、亜紀の部屋で見つけた30cmくらいのロボットを警察に持ち帰ったところ、そのロボットが爆発。さらに、AIの第一人者の謎の死、奥多摩で発見されるクローンの猿と、謎が謎を呼んでいく……。奥多摩で進行する、巨大な陰謀とは……。そして、十津川警部の前に現れたのは、今までにない最新の敵だった!?