朝日新聞デジタルSELECT<br> 奇跡の移植・小さな肺 「明日死ぬ」はずだった女の子 患者を生きる

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

朝日新聞デジタルSELECT
奇跡の移植・小さな肺 「明日死ぬ」はずだった女の子 患者を生きる

  • 著者名:朝日新聞【著】
  • 価格 ¥108(本体¥100)
  • 朝日新聞社(2017/10発売)
  • もうすぐクリスマス!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~12/11)
  • ポイント 25pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

その女の子は、生まれてからずっと管をつけたまま、病院のベッドの上で過ごしていた。生まれつきの重い肺の病気。「明日死ぬかも」と言われる日常だった。通常の治療は対症療法しかなく、臓器提供を待っていた。しかし、同じぐらいの小さな子が脳死になって臓器提供するような例は非常に少なく、助かる確率は低いとみられていた。ある時、母親の携帯電話が鳴った。担当医からだった。臓器移植法が施行されたのは1997年。岡山の病院での1歳女児への脳死肺移植を例に、移植について考える。