文藝春秋 電子版<br> 文藝春秋 電子版 2017年7月号

  • ポイントキャンペーン

文藝春秋 電子版
文藝春秋 電子版 2017年7月号


内容説明

大正12年の創刊以来、「文藝春秋」の時流におもねらない柔軟な編集方針は、地域、年代、活躍する分野を超えて多くの人々に支持されています。掲載された記事が世の中に大きなインパクトを与えた例は数多くあり、その社会的影響力を強固なものにしてきました。また、各界の著名人が登場するグラビア「小さな大物」「同級生交歓」などコラムや連載小説にも定評があります。硬派なジャーナリズムから、その時々の文化、芸能、スポーツの話題まで、圧倒的な情報量を発信するナンバーワン総合月刊誌です。
―――――
この雑誌は、「リフロー型のコンテンツ」として構成されています。 詳細は、ストアサイトの「ご利用方法-取扱商品について」をご確認ください。

目次

月刊「文藝春秋」7月号 おもな記事

【特集】驕れる安倍一強への反旗
◎前川喜平(文科省前事務次官)手記
「わが告発は役人の矜持だ」
◎加計が食い込んだ下村元文科相夫妻
◎石破茂「安倍改憲案 読売新聞には驚いた」

【大型企画】わたしの師匠
・松下幸之助 信長でも秀吉でも家康でもなく(野田佳彦)
・石原裕次郎 ワイキキを肩を組んで歩いた(峰竜太)
・井上ひさし 絶対に妥協しない“悪意の作家”(野田秀樹)
・千代の富士 最後の指導で飛ばした檄(九重龍二)
・吉本隆明 「生活人」の門前の小僧として(糸井重里)ほか

◎小池百合子 手記「私の政権公約」

◎習近平が180度方針転換した
◎トランプとロシア 深すぎる絆
◎私が見た金正日と金正恩の違い(元外務事務次官 藪中三十二)

◎池上彰×村上世彰 年金は「物言う株主」になれ
◎東芝「倒産」までのシナリオ
◎フジ日枝久独占告白 社長交代劇の内幕
◎松山英樹 強さの秘密は「教わる力」(丸山茂樹)

◎眞子さま降嫁で皇族が消える日
 保阪正康/所功/岩井克己
◎「天皇退位」有識者会議の内実(座長代理 御厨貴)

◎2050年 驚異の技術が世界を変える 
◎シェアリングエコノミーって何だ?

◎第1回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞発表


※電子版では広告企画など掲載されていないページがあります