叱らない子育て - アドラーが教える親子の関係が子どもを勇気づける!だ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

叱らない子育て - アドラーが教える親子の関係が子どもを勇気づける!だ

  • 著者名:岸見一郎
  • 価格 ¥1,287(本体¥1,170)
  • 学研(2017/03発売)
  • ポイント 11pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784058004425

ファイル: /

内容説明

「勉強しなさい」など、子どものことを怒ってばかり、しかも事態は好転せず落ち込む毎日…。心理学者アドラーによれば、子どもを成長させるために大事なことは、叱らない、ほめないこと。目からウロコ、アドラー心理学であなたの子育てが今日から変わります!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mariya926

98
最近『叱らない子育て』の失敗についての記事を読んだので読み返してみました。アドラー心理学の基本について書かれていますが、迷惑をかけている場合は『毅然とした態度でそんなことはしてはいけない伝えないといけない』と書いてあります。しかしこの部分は実践しないので、ルールを教えるべき時に教えることができず、周りの人に迷惑をかけてしまい、結果的に叱らない子育ては失敗と言われてしまうと思いました。叱らない=放任になってしまっているのです。この本の内容を実践するなら、徹底的にすべてを実践しないといけないと思いました。2020/09/05

mariya926

85
著者の名前をどこかで見たことがあるなと思ったら「嫌われる勇気」の共著だったんですね。子どもが叱られる行動をするのは自分に注目してほしいから。いつも見ていれば叱られる行動は減ってくるので、叱る代わりに「~してくれませんか?」「してくれると助かるんだけど」と伝える。つい褒めてしまいますが、褒めていると褒められる時だけ行動するようになるので「ありがとう」「助かる」と伝えるようにします。全部しようとしても忘れてしまうので、今回はこの2つを取り入れることにします。また1年後に再読予定です。2018/04/05

morinokazedayori

53
★★★★★物凄く心に響いた。叱ったり褒めたりすると、子供は親に気に入られる行動をとるようになり、自分の人生を生きられない。子供を信頼し、中性行動(問題行動でも適切な行動でもない、勉強しないなど)には援助にとどめ介入しない。子供を一人の人間として尊敬する。こんなに当たり前のことが、目の前の子供の言動に一喜一憂してなかなか難しい。自分だけでなくこれができる本当の「大人」は、そう多くないだろう。親子間だけでなく、誰に対しても信頼関係を結ぶのに役立つ方法がたくさん。よかった。2016/09/16

ぱんにゃー

53
【知る】 『命令するのでなく、「~してくれるとうれしい」というように子どもに断る余地を残す』『ほめるのではなく、「ありがとう」といえばいい ということを知っているのとしらないのとでは大きな違いがあります』 自分が育てられた唯一の子育て論しか知らなかったからね、いろいろ知ればちょっと余裕が生まれるね(^ω^)2015/03/19

nico

37
「怒る」と「叱る」が区別できてればいいと思ってた…。叱るよりもほめて(認めて)行動を価値付けしていくのが正しいって思ってた…。「叱るのは子どもを対等に見ていないから」という一文がグサグサと胸に刺さる。現実はこんなに子どもを信頼して勉強してなくても放っておく…なんてできる気がしないのが本音だけれども。それでも「ありがとう」「助かった」という言葉を大切に、子どもが生きてくれてるだけで十分だということを忘れずに子育てしていけたらなと改めて思った。定期的に読み返そう…!!2019/10/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9321750

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。