集英社単行本<br> 勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧 幻の三連覇

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,836
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

集英社単行本
勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧 幻の三連覇

  • 著者名:中村計【著】
  • 価格 ¥1,652(本体¥1,530)
  • 特価 ¥1,321(本体¥1,224)
  • 集英社(2017/03発売)
  • 勤労感謝の日 Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~11/26)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「大旗は白河の堰を越えない」「雪国の高校は甲子園で勝てない」。高校野球界における暗黙の常識を、派手に打ち破った1人の監督がいた。2004~06年、駒大苫小牧を連覇へ導き、三連覇に王手を掛けた男、香田誉士史(よしふみ)。35歳の若さだった。降雨ノーゲームから、再試合で屈辱の敗戦を喫した03年。北海道勢初の全国制覇を果たした04年。驚異の夏連覇、05年。そして、田中将大と斎藤佑樹の投げ合いが異例の決勝再試合となった06年……。香田がいる甲子園には、常にドラマがあった。だが、甲子園における駒大苫小牧の活躍は、香田に苦難の日々の始まりを告げた。優勝後の大フィーバーが、香田の心を少しずつ蝕む。そして夏連覇を果たした直後の暴力、飲酒事件という悪夢……。三連覇が幻となった翌年、香田はチームを追われた。高校野球史上最も有名な監督は、満身創痍のまま表舞台から姿を消した。球史に残る監督、栄光と挫折の舞台裏を長期に亘る丹念な取材で解き明かしたノンフィクション。