天照大神の神示 この国のあるべき姿 聞き手 大川咲也加

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,512
  • Kinoppy
  • Reader

天照大神の神示 この国のあるべき姿 聞き手 大川咲也加

  • 著者名:大川隆法【著】
  • 価格 ¥1,512(本体¥1,400)
  • 幸福の科学出版(2017/02発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

真珠湾慰霊への苦言、
経済不況や天変地異の真因、
そして、生前退位問題と皇室の意義――

すべての国民が知るべき
日本の主宰神の
「願い」が、ここに。

「神の言葉」を、私たちが受けとめるとき
この国はもっと繁栄し、国民は幸福になれる。
〇「今上天皇の生前退位」についてのお考え
〇靖国は慰霊できず真珠湾にいく安倍総理の矛盾
〇外国の圧力に便乗して国民を説得する政治への無念
〇長引く経済不況を招いた国民の心とは
〇多発する天変地異を終わらせるために
〇天照大神が示される「太陽信仰」の意味
〇世界を導くために、日本と日本人に抱く期待

目次
まえがき
1 天照大神から二〇一七年年頭のお言葉を賜る
2 天上界からの警告を日本人は受け止めているのか
3 「今上天皇の退位」についてお言葉を賜る
4 現在の日本の政治をどう見ておられるのか
5 天照大神が示される「太陽信仰」の意味
6 「信仰は、それを広げていくところに最大の価値がある」
7 今、信仰者に求められている心構え
8 神仏からの熱いメッセージを受け止めよ
9 天照大神との対話を終えて
あとがき