集英社文芸単行本<br> 社長室の冬(メディア三部作)

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,944
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文芸単行本
社長室の冬(メディア三部作)

  • 著者名:堂場瞬一【著】
  • 価格 ¥1,749(本体¥1,620)
  • 集英社(2017/01発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

日本新報の新聞記者・南康祐は、会社にとって不利益な情報を握る危険人物であるとみなされ、編集局から社長室へと異動させられる。その頃、新聞社に未来はないと判断し、外資系IT企業・AMCへの「身売り」工作を始めていた社長の小寺が急死する。九州に左遷されていた新里が急遽社長に就任することとなり、売却交渉を引き継ぐが、労働組合から会社OBまで、多方面から徹底的な反発を受ける。危機に瀕した大手新聞社が行き着いた結末とは――。外資系企業との買収劇や社内抗争を通して、メディアの存在意義を問う。『警察回りの夏』『蛮政の秋』に続く、「メディア三部作」完結編!

目次

第一部 新体制
第二部 抵抗勢力
第三部 混沌の中で
第四部 最終決断