集英社文芸単行本<br> 最悪の将軍

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,728
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

集英社文芸単行本
最悪の将軍

  • 著者名:朝井まかて【著】
  • 価格 ¥1,555(本体¥1,440)
  • 特価 ¥1,244(本体¥1,152)
  • 集英社(2016/10発売)
  • ポイント 11pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

生類憐れみの令で知られる江戸幕府の五代将軍・徳川綱吉は、旧来の慣習を改め、文治政治を強力に推し進めて日本の礎を築いた。だが、その評価は大きく分かれている。加えてその治世には、赤穂浪士討ち入りや富士山噴火など、数々の難事が生じた。綱吉は暗君か、それとも名君だったのか。今も世間に誤解される将軍の、孤高かつ劇的な生涯を、綱吉とその妻・信子の視点で直木賞作家が描ききった傑作歴史長編。

目次

一 将軍の弟
二 玉の輿
三 武装解除せよ
四 萬歳楽
五 生類を憐れむべし
六 扶桑の君主
七 犬公方
八 我に邪無し