集英社文芸単行本<br> 怪談のテープ起こし

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,728
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

集英社文芸単行本
怪談のテープ起こし

  • 著者名:三津田信三【著】
  • 価格 ¥1,555(本体¥1,440)
  • 特価 ¥1,244(本体¥1,152)
  • 集英社(2016/08発売)
  • ポイント 11pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

恐怖は全て、日常にひそむ。「自殺する間際に、家族や友人や世間に向けて、カセットテープにメッセージを吹き込む人が、たまにいる。それを集めて原稿に起こせればと、俺は考えている」。作家になる前の編集者時代、三津田信三は、ライターの吉柳から面白い企画を提案された。ところが突然、吉柳は失踪し、三津田のもとに三人分のテープ起こし原稿が届く。死ぬ間際の人間の声が聞こえる――<死人のテープ起こし>。自殺する者は何を語るのか。老人の、夢とも現実ともつかぬ不気味な昔話の真相は。怪女「黄雨女(きうめ)」とは一体――。戦慄のテープ起こしがいま、始まる。怪談六篇と、ある編集者の顛末。【目次】序章/死人のテープ起こし/留守番の夜/幕間(一)/集まった四人/屍と寝るな/幕間(二)/黄雨女(きうめ)/すれちがうもの/終章

目次

序章
死人のテープ起こし
留守番の夜
幕間(一)
集まった四人
屍と寝るな
幕間(二)
黄雨女(きうめ)
すれちがうもの
終章