人間中心設計の基礎

個数:1
紙書籍版価格 ¥4,104
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

人間中心設計の基礎


ファイル: /

内容説明

人間中心設計(Human Centered Design)とは、利用者の特性や利用実態を的確に把握し、開発関係者が共有できる要求事項の下、ユーザビリティ評価と連動した設計により、より有効で使いやすい、満足度の高い商品やサービスを提供する一連の活動プロセスである。商品そのものに限らず、商品を利用するための仕組みや付加価値の提供などを通じたユーザ体験(エクスペリエンス)の全体を対象としている。この第1巻はHCD(人間中心設計)の基礎となる概念から国内外の規格、マネジメント手法、技術etc.の解説を第一人者である著者が経験をもとに解説しており、現時点でのHCDの集大成と呼べる書籍である。

目次

第1章 人間中心設計とは
第2章 ユーザビリティ
第3章 ユーザエクスペリエンスへの道
第4章 ユーザエクスペリエンス(UX)
第5章 人間中心設計のプロセス
第6章 人間中心ライフサイクルと成熟度
第7章 人間中心設計の人材
第8章 利用状況の把握
第9章 質問紙調査とフィールドワーク
第10章 結果分析から要求の明確化へ
第11章 デザインのための基礎知識 ―人間工学と認知心理学
第12章 デザインのアプローチ
第13章 デザインの実践
第14章 デザインの評価1
第15章 デザインの評価2