法廷のための統計リテラシー - 合理的討論の基盤として

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,888
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

法廷のための統計リテラシー - 合理的討論の基盤として

  • 著者名:石黒真木夫/岡本基/椿広計/宮本道子/弥永真生/柳本武美
  • 価格 ¥3,499(本体¥3,240)
  • 近代科学社(2016/04発売)
  • 【Kinoppy】近代科学社 全点ポイント50倍キャンペーン実施中!(~5/7)2-2,ゴールデンウィーク Kinoppy全点ポイント25倍キャンペーン(~5/7)
  • ポイント 1,600pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

統計科学は、法廷の言語となる!!法廷における裁判は、科学的根拠に基づいて展開していく。科学的根拠の多くは統計的背景を持っているが、法廷に係わる人が統計科学に詳しいとは限らない。現状はむしろ逆の場合が多いであろう。そこで本書は、初学者を中心に、法廷での例を参考にして、その正しい理解と実用性を具体的に解き明かす。法曹関係者はもちろん、広く意志決定・討論などの手法に関心の深い読者には必読。

目次

序章 この本について
1 不確実性を扱う基礎数理と不確実性下での意思決定
2 統計思考と合理的討論
3 事実の認定を支える証拠と公的な判断
4 法と統計学
5 裁判における科学的な証拠/統計学の知見の評価と利用