ノーチェブックス<br> 脱走プリンセス

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

ノーチェブックス
脱走プリンセス

  • ISBN:9784434214349

ファイル: /

内容説明

ある春の日、隣国ディアドラを訪れた地方領主の娘ルーチェ。隣国の王都は、一大行事「花の大祭」を翌日に控え、賑わっていた。そんな中、ルーチェはひょんなことから祭りの主役である「花の女王」に選ばれてしまう。それを機に、初恋相手のランディと再会することになったのだけど……。なんと彼がディアドラの王太子だと判明! 動揺するルーチェに、ランディは猛烈アプローチ。トントン拍子に婚約話を進め、さらには一晩中、激しく淫らに彼女を求めてくる。毎日繰り返される蜜事に、ルーチェは疲労困憊。初恋相手とはいえ、こんな生活もうたくさん!! かくして彼女は、不埒な王太子から逃げ回ることになり――

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

陸抗

18
十年前に出会った少年ランディに恋をし、再会したとたんに結婚することになったルーチェ。相手は実は王子さまだったことと、夜にきちんと寝れないので、逃げることを決意したルーチェ。ただ、逃げると言っても、子供の追いかけっこだし、本気で逃げる気あるのか?と小一時間説教したい。終盤も事件があるものの、あっさり解決。思ってたのと違ってたなぁ。2018/12/16

kuro neko

4
ひたすら逃げ隠れるヒロインと探し出し追いかけ捕まえるヒーロー。小さい頃に出会っていた二人が再会してしまう。しかも初恋の人。方や地方領主の娘。方や隣国の王太子という身分差。猛烈アプローチからの婚約、毎日激しく求められて倒れる寸前。なんという絶倫こわい。嫌気がさしたヒロインが交渉。おいかけっこ→エッチの流れが早々と王子によって作られている。おいかけっこという幼い展開にちょっと戸惑う。見え見えの罠にハマってしまうヒロインに国の未来が心配になった。 2016/04/24

ちかぞお

4
うむぅ。何かが足りない。キャラにもうちょっと深みがあればよかったのかな。ヒロインは何か幼稚で、ヒーローの王子さまから逃げる理由がそれ?って感じだし、王子様は万能、絶倫、王子様!って部分だけしか描かれてないから、彼なりの悩みとかもあってもよかったと思うんだけど、ヤってるだけってどうなのよ、王子。結婚はあっさり許可され、ライバルもあっさり捕まり、全てがあっさりし過ぎてて、読後、結局やりまくりのリア充に当てられただけかいっ!って思って終わった。お祭りとか女神フローラとかの設定は良かったのに、残念。2016/01/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10138150

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。