フィールドデータによる統計モデリングとAIC

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,996
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

フィールドデータによる統計モデリングとAIC

  • 著者名:島谷健一郎
  • 価格 ¥3,596(本体¥3,330)
  • 近代科学社(2016/03発売)
  • 【Kinoppy】近代科学社 全点ポイント50倍キャンペーン実施中!(~5/7)2-1,ゴールデンウィーク Kinoppy全点ポイント25倍キャンペーン(~5/7)
  • ポイント 1,650pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

本書は大変好評を得ている『ISMシリーズ』の第2巻である。著者が実際の現場で集めたフィールドデータを材料にして、現場視点と統計モデリング視点とで複眼的に考察し、素直にデータを見ることによってフィールドワークだけでは得られない発見を出来ることを詳説している。数理を得意としないフィールドワーカーと、フィールド経験が少なくフィールドデータに馴染みの薄い数理系の読者を対象としている。

目次

1 統計モデルによる定量化とAICによるモデルの評価―どのくらい大きくなると花が咲くか
2 最小2 乗法と最尤法,回帰モデル―樹木の成長パターンとその多様性
3 モデリングによる定性的分類と定量的評価―ペンギンの泳ぎ方のいろいろ
4 AICの導出―どうして対数尤度からパラメータ数を引くのか
5 実験計画法と分散分析モデル―ブナ林を再生する
6 データを無駄にしないモデリング―動物の再捕獲失敗は有益な情報
7 空間データの点過程モデル―樹木の分布と種子の散布
8 データの特性を映す確率分布―飛ぶ鳥の気持ちを知りたい
9 ベイズ統計への序章―もっと自由にモデリングしたい