集英社コバルト文庫<br> 宋代鬼談 梨生が子猫を助けようとして水鬼と出会うこと

個数:1
紙書籍版価格 ¥627
  • Kinoppy
  • Reader

集英社コバルト文庫
宋代鬼談 梨生が子猫を助けようとして水鬼と出会うこと

  • ISBN:9784086018852

ファイル: /

内容説明

科挙に合格した梨生は、官吏としての赴任地へと向かう道中、とある出来事から、水鬼となってしまった青年・心怡と出会った。水鬼とは、水死した者が輪廻を外れ、転じるという鬼。はからずも梨生は、そんな心怡が再び輪廻に戻るための見届け役となった。同時に梨生の目には、死者の姿が見えるようになっていた。そして赴任地では、数カ月前から行方不明者が多発していて!? 中華幻想奇譚!

目次

いびつな食卓
首のない男
あとがき

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっか

57
主簿(官吏)になった梨生と、水鬼の心怡のひょんな出会いにより始まる中華風奇譚。これ続編出てないんですかー!?泣 心怡と梨生2人の行く末や彩華の謎など気になることが多すぎる!登場人物も魅力的で面白かったです。文章がちょっと淡々としているので、感情的にというより物語も淡々と進む感じです。2020/11/21

TAMA

17
感情に振り回されない淡々とした人生だのう。お人よしだけど他人に強制しない主人公。お金にきちんとしてるおじさんも好きかも。面白かった。男の人の書きようかなとみたら、あれ違う。昔から名前は知ってる作家さんだった。初めて読んだ。カニバリズムは厳しいけど一気に引きずり込まれた。水鬼と暗躍女に興味津々。次の巻お待ちします2016/05/06

shizuca

9
つ、続きはでますか……。「夜の虹」みたいに「あれ、続きは?」状態は勘弁願います……。梨生は大人しいキャラのようですが、周囲が個性に溢れた人たちなので、もっと静かにゾクゾクっとした話の中で動かしてもらえたらなぁと思います。彩華の謎もまだまだ書かれていませんし、子猫も気になるし……続きを。まずは、続きを。見切りつけるの早すぎて、一冊無難にまとめて人気出たら続き、というのより、伏線ありまくりで次刊に持ち越し、というシリーズの方が生き生きしていて私は好きなんですけど……やはり不経済ですよね。2016/08/10

ぽっぽママ

9
面白くて一気読み。キャラは皆淡々としているのだけれど押えるところは押さえている。というか一癖ある。彩華が係わってくる経緯が面白い。まだ心怡が輪廻に戻れるところまでいっていないので続き、楽しみです。2016/05/24

ひーたろー

9
淡々といい人が書けるのがこの作家さんの良い所。盛り上がりには欠けるけど。どうでもよいが、最初サブタイトル見た時、梨生(りお)という女子高生が猫を助けようとして宋にタイムスリップして水鬼(イケメン)に出会ったのを想像した。…多分疲れてたんだろう…。2015/12/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10107231

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。