紫紅社<br> 王朝のかさね色辞典 紫紅社刊

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,850
  • Kinoppy
  • Reader

紫紅社
王朝のかさね色辞典 紫紅社刊

  • ISBN:9784879406033

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

本書は江戸時代の色刷木版書「薄様色目」を復元する形で、和紙を植物で染め、王朝時代の華やかな襲 (かさね) の色彩を現代に甦らせたものです。加えて「源氏物語」を代表する王朝文学や万葉集などに登場する色の記述を取り上げ、当時の風俗、文化をわかりやすく説明し、現代の京都、奈良の風情にもかさねて味わうことができます。
『王朝のかさね色辞典』序文より (吉岡幸雄)

かねてより「かさね色」を集成した書籍を出したいという想いがあったので、『薄様色目』を底本に、『かさねのいろめ』を参考にして、二百四十通りのかさね色をいずれも伝統的な植物染で再現したのである。

たとえば桜なら二十五種類もの説を披露している。これをもとに私なりの解釈も加えて、現代にも通じるかさね色の配色の妙を収載した。

その季節への憧憬の結晶のような「かさね色」は、現代に通じるもので、近代以降、さらにいえば高度経済成長以降、色彩が自由ふんだんに得られる現代において、自然への崇敬や自然との共生の心を見失いがちだった日本人への直言 (メッセージ) ではないかと思うのである。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

chatnoir

13
すごく一般的な古典や平安朝のラノベしか読まないものの、衣装の色合いは沢山出てくるので、こんな感じかな?位で済ませていたものが、文学的知識も染色の知識もある方が、天然染料で染めた〝かさね”を見られて嬉しかった。ただ、染めた紙を机に置いた状態なので、光に空ける色合いを味わうことができないのは残念だった。数か所、絹を染めたグラデーションの写真も美しかった。〝青”の解釈は難しいね。暗色って意味だったみたいだし。王朝時代の濃い薄いとだけ書いてあれば紫の事。二藍は藍と紅を混ぜた紫(色の比率は様々)の事。2018/01/31

ひねもすのたり

7
先日読んだあさのあつこさんの『花や咲く咲く』に出てきた、かさねの色目が気になって手にしてみました。日本が独自の文化を構築した平安中期、貴族たちは現在の着物の原形となる直線裁ちの衣装を身に着けるようになります。俗に言う十二単(ひとえ)です。 何枚もの衣を重ね着する平安人が腐心したのは、その色あわせでした。 色の組み合わせは季節を表現する手段でもありました。 白と薄紅で薄花桜の襲(かさね)、青と濃萌黄で萩の襲。本書では240の襲を解説しています。 古の時代より引き継がれた色の文化に興味のある方はぜひ!!  2015/02/02

くまこ

6
ため息をつくしかない美しさ。豊富な写真資料と古典解説の活字が、頭の中で眩しく弾けて、日本人に生まれたことを心から感謝した。また、『世界で一番美しい元素図鑑』と似たような感動を覚え、色の成分分析に興味を持った。2012/11/21

秋はeuglena

2
美しい色に囲まれて幸せな気持ちになれる本です。ずーっと「読んでいる本」に登録したままにしておこうかと思っていたけれど、きりがないので「読んだ本」にします。でも、ずーっと読んでる本です。2020/05/22

黎雪

2
実に美しい一冊でした。解釈を加えて再現された染色の美しさに見とれてしまいます。ちょっと高価ですが、自宅の本棚に置いておきたい一冊です。2013/05/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4515404

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。