ハーレクイン<br> 5万ドルの愛人

個数:1
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン
5万ドルの愛人


ファイル: /

内容説明

「100ドル? 本気で言ってるの?」私はお酒にむせそうになりながら言った。バーで飲んでいた私に、見ず知らずの男が声をかけてきたのだ。うちに来てくれたら――そしてセックスしたら――100ドルあげるよ、と。憤慨して答えに窮していると、後ろから低く柔らかい声がした。「1000ドルではどうかな」そう言ったのは、ダンディでセクシーで、見るからに裕福そうな男性だった。もう、ふたりともやめて、と言うかわりに私は冗談を返した。「2時間で5万ドルよ」するとダンディは革の小切手帳を取り出すと、さらさらと数字を書き込んだのだ。えっ? どうしよう……。いったい彼はわたしに何をしようというの……? “お金で買われた女”として、彼の意のままに身体を嬲られる――そんなシチュエーションに自分がどれだけ興奮するか、私はまだ気づいてもいなかった。