梯子の森と滑空する兄

個数:1
  • Kinoppy

梯子の森と滑空する兄


ファイル: /

内容説明

社会っていうのは、つまりたくさんの梯子なんだ。

子連れ同士の親の再婚で、「ぼく」に年の離れた兄ができる。家には寄りつかず遠い世界でさまざまな生き方をしている兄は、時折ふいに「ぼく」の前に現れていつも何かを教えてくれる。社会の枠組みから外れて自由に軽やかに生きる男の姿が軽妙に描かれる。

【著者】
池澤夏樹
1945年北海道帯広市に生まれる。小学校から後は東京育ち。以後多くの旅を重ね、3年をギリシャで、10年を沖縄で、5年をフランスで過ごして、今は札幌在住。
1987年『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。その後の作品に『マシアス・ギリの失脚』『花を運ぶ妹』『静かな大地』『キップをなくして』『カデナ』『アトミック・ボックス』等。自然と人間の関係について明晰な思索を重ね、数々の作品を生む。2014年末より「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」全30巻の刊行を開始。
http://www.impala.jp