アップリンク

個数:1
  • Kinoppy

アップリンク


ファイル: /

内容説明

神様だちも時には人間の方にちらっとばかり目を向けてくれるもんだな。

気象データを通信衛星に送る測候所の定期点検のため、男は見知らぬ島に降り立つ。エンジニアとして堅気に仕事をする彼が宿に戻り、古い安楽椅子に座ってしばらくぼんやりしていると……。科学的合理性に基づいた世界からするりと超越的世界へ誘われる、理系と文系の境界を歩く池澤夏樹ならではの一編。

【著者】
池澤夏樹
1945年北海道帯広市に生まれる。小学校から後は東京育ち。以後多くの旅を重ね、3年をギリシャで、10年を沖縄で、5年をフランスで過ごして、今は札幌在住。
1987年『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。その後の作品に『マシアス・ギリの失脚』『花を運ぶ妹』『静かな大地』『キップをなくして』『カデナ』『アトミック・ボックス』等。自然と人間の関係について明晰な思索を重ね、数々の作品を生む。2014年末より「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」全30巻の刊行を開始。
http://www.impala.jp