集英社文芸単行本<br> 我が家のヒミツ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,512
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

集英社文芸単行本
我が家のヒミツ

  • 著者名:奥田英朗【著】
  • 価格 ¥1,209(本体¥1,120)
  • 特価 ¥967(本体¥896)
  • 集英社(2015/11発売)
  • 秋の夜長もKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~10/22)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

笑って泣いて、人生が愛おしくなる家族小説。結婚して数年。どうやら自分たち夫婦には子どもが出来そうにないことに気づいてしまった妻の葛藤(「虫歯とピアニスト」)。16歳の誕生日を機に、自分の実の父親に会いに行こうと決意する女子高生(「アンナの十二月」)。53歳で同期のライバルとの長年の昇進レースに敗れ、これからの人生に戸惑う会社員(「正雄の秋」)。ロハスやマラソンにはまった過去を持つ妻が、今度は市議会議員選挙に立候補すると言い出した(「妻と選挙」)ほか、全6編を収録。どこにでもいる平凡な家族のもとに訪れる、かけがえのない瞬間を描いた『家日和』『我が家の問題』に続くシリーズ最新作。
笑って泣いて、読後に心が晴れわたる家族小説。

目次

虫歯とピアニスト
正雄の秋
アンナの十二月
手紙に乗せて
妊婦と隣人
妻と選挙