ぼくらの地球規模イノベーション戦略

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ぼくらの地球規模イノベーション戦略

  • 著者名:菅谷俊二
  • 価格 ¥1,485(本体¥1,350)
  • ダイヤモンド社(2015/11発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 390pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784478083758

ファイル: /

内容説明

数々の賞を獲得してきた株式会社オプティム代表取締役社長 菅谷 俊二。エリートとは違う、その泥臭さと逞しさには、今の起業家に足りない何かが感じられる。起業までの道のりやオプティム存続の危機、事業拡大、そして3年連続国内シェアNo.1、時価総額350億円。菅谷 俊二氏が自ら綴った半生記がついに登場。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Micky

3
自伝から始まる自社の成功物語。まだ、人生を振り返る年でもない若い、ネット起業家なのでなぜ今こんな本を出したんだろう?さて、自分で書いたんだろうか?とか変に気を回してしまった。しかし、私も同業でして、なるほどと感心した技術力に納得したり、複雑でした。2015/12/06

Ogas

1
きっかけは仕事の関係上ではあったものの、オプティム創業者の菅谷社長の人間力、会社の系譜が綴られる中にも、ビジネスマンとしてのスタンスやIOT領域における理解を深めることができた本でした。特に印象的だったのは、大学から唯一願書を郵送してくれたことで入学した佐賀大学に対して、菅谷社長は今でも恩を感じ繋がり続けて、IT×農業の領域で共同研究に取り組みで、ジョブズや孫正義などより日の目を浴びていないものの、器の大きな「菅谷俊二」という経営者に出会えたのは非常に収穫でした。2017/01/15

ヒロキ

0
オプティムの株を購入 、企業研究の為読みました。 会社の成り立ち 社長の人柄がわかる本でした。2020/02/08

hokulea

0
読みました。2020/01/11

かず

0
経営者の自伝ではあるが、大企業に所属される方など様々な方のコメントが入り、菅谷社長と仕事をしたいなど思いが伝わる良書になっている。このような会社が日本を代表し、世界(地球規模)で活躍して欲しいと思う。2018/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9825610

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。