ニュー・ホライズンズ探査機がとらえた冥王星

ニュー・ホライズンズ探査機がとらえた冥王星


内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

2015年7月14日、アメリカのニュー・ホライズンズ探査機が冥王星に最接近しました。打ち上げから実に9年半かけて、最果ての天体に到達したのです。探査機が目の当たりにした冥王星には、3500メートル級の氷の山々が存在し、広大な氷原が広がっていました。

この電子書籍は、そのような冥王星の画像を紹介しています。7月の最接近の前後で公開された画像のほか、9月になって本格的なデータ送信が始まって以降に送られてきた高解像度画像も紹介しています。2015年9月末までに公開された画像を掲載しています。

最果ての天体の驚くべき姿をお楽しみください。