集英社文芸単行本<br> 砂の王宮

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,836
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

集英社文芸単行本
砂の王宮

  • 著者名:楡周平【著】
  • 価格 ¥1,468(本体¥1,360)
  • 特価 ¥1,175(本体¥1,088)
  • 集英社(2015/08発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

【薬の価格破壊、スーパーマーケットの確立、牛肉の格安仕入……。様々なからくりで商売を成功させた男の、熱き立志伝!!】戦後、神戸三宮の闇市で薬屋を営んでいた塙太吉は、進駐軍の将校相手に御用聞きをしている深町信介と出会う。薬を大量に売り捌くという深町の提案に乗った塙は、膨大な儲けを手にする。昭和32年、門真にスーパーマーケット「誠実屋」を開業。その後、格安の牛肉を店頭に並べることに成功し、業績は劇的に向上した。東京への進出計画も順調に進むが、不動産王・久島栄太郎に弱みを握られ、さらに意図せず深町の死に関わってしまい、塙は絶体絶命の危機に陥る。