内容説明

大正12年の創刊以来、「文藝春秋」の時流におもねらない柔軟な編集方針は、地域、年代、活躍する分野を超えて多くの人々に支持されています。掲載された記事が世の中に大きなインパクトを与えた例は数多くあり、その社会的影響力を強固なものにしてきました。また、各界の著名人が登場するグラビア「小さな大物」「同級生交歓」などコラムや連載小説にも定評があります。硬派なジャーナリズムから、その時々の文化、芸能、スポーツの話題まで、圧倒的な情報量を発信するナンバーワン総合月刊誌です。
―――――

目次

◎安倍首相 空疎な天皇観  保阪正康
◎自民党よ、総裁選を行え  古賀誠
●第153回芥川賞発表
◎火花  又吉直樹  インタビュー「芥川賞の選評が僕の物差しだった」
◎スクラップ・アンド・ビルド  羽田圭介 インタビュー「綿矢りささんに先を越されたと思った」
◎選評 宮本輝、川上弘美、山田詠美、小川洋子、高樹のぶ子、堀江敏幸、村上龍、島田雅彦、奥泉光
●大特集 「昭和九十年」日本人の肖像
◎東京裁判、歴史認識、集団的自衛権、憲法改正―言い残しておきたいこと  中曽根康弘
◎昭和の男は怖くて優しかった  平岩弓枝×阿川佐和子
◎一九六〇年― わが学生運動の挫折  立花隆
◎私が歩いた「ヒロシマ」の記憶  綾瀬はるか
◎父を靖国から分祀してほしい  木村太郎(A級戦犯・木村兵太郎長男)×中島岳志
◎岡部長景「巣鴨日記」抄録
◎七十年目の新発見・A級戦犯・幻の肉声  奈良岡聰智
●特集 8・12日航ジャンボ機墜落
◎独占手記 奇跡の生存者 妹・川上慶子と私の三十年  川上千春
◎遺族とJAL 語り継ぐ御巣鷹山の記憶  柳田邦男

◎ニトリ社長「夫婦の履歴書」  似鳥昭雄×似鳥百百代
◎ヨーロッパは三度自殺する ドイツ帝国とギリシャ危機  エマニュエル・トッド
◎東芝「不正の連鎖」を招いた真犯人  川端寛
◎日本の人口減少ちっとも怖くない  速水融

※電子版では広告、一部記事、連載小説(桐野夏生氏)など掲載されていないページがあります。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす