―<br> 大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,620
  • Kinoppy
  • Reader


大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる


ファイル: /

内容説明

★★★大反響 16万部突破! これが今、東大生が1番読んでいる本です★★★



★紀伊國屋書店年間ベストセラー3位!(2015年経済部門)

★オリコンランキング4位ランクイン!(2016/3/14付 オリコン週間“本”ランキングビジネス書部門)

★『週刊文春』『週刊ダイヤモンド』『ビジネスブックマラソン』などで紹介され大反響!

(2016年3月時点)



私がなぜこの本を書いたのか。その理由は「経済学」を学問として知っておくことが、いまますます必要とされている、と感じるからです。テレビや新聞で、経済についての話題が取り上げられない日は1日もありません。でも、ただ流れていく情報をインプットしているだけでは、本当の教養は身に付きません。

ある経済の動きがどんな意味を持っているのかを理解するためには、経済学の思考の枠組みを身に付ける必要があります。(「はじめに」より)



――著者が東大で20年以上教えてきた「ミクロ」「マクロ」のエッセンスを、ぎゅっと1冊に凝縮!

これからの時代を生き抜くために、すべての日本人に必要とされる教養としての経済学が、1日30分×20項目=10時間で学べます。



【本書の内容】

1)ミクロ経済学とマクロ経済学/2)ミクロ経済学の基本/3)消費者はどう行動するのか/4)企業はどう行動するのか/5)市場の機能と価格メカニズム/6)所得分配の決まり方/7)独占と規制/8)寡占市場/9)外部性と市場の失敗/10)不完全情報の世界/11)マクロ経済学の基本/12)GDPはどう決まるのか/13)マクロ経済主体の行動/14)財政政策/15)金融政策/16)景気と失業/17)インフレとデフレ/18)経済成長/19)国際経済/20)マクロ経済政策

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件