ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた驚異の大宇宙【第2版】

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた驚異の大宇宙【第2版】


内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した100点超の画像を収録、紹介!

上空600キロメートルから宇宙を観測するハッブル宇宙望遠鏡は、大気に邪魔をされることなく撮影できるため、非常に鮮明な画像を得ることができます。

天の川銀河系には、恒星の誕生や死に関連するさまざまな星雲が存在しています。また銀河系の外にはいろいろな形をした銀河や、銀河どうしが衝突している現場などもあります。私たちの地球のそばにある太陽系の天体から、宇宙の果てに近い130億光年の彼方まで、1990年に打ち上げられて以来、ハッブル宇宙望遠鏡は実にさまざまな天体の姿を明らかにしてきました。

【主な内容】
 パート1 星の世界 ~ 星の誕生/惑星状星雲/超新星残骸/球状星団
 パート2 銀河の世界 ~ 銀河/銀河の相互作用
 パート3 銀河団・深宇宙 ~ 銀河団/重力レンズ/ダークマター/深宇宙
 パート4 太陽系の世界 ~ 火星から海王星、冥王星まで
 パート5 ハッブル宇宙望遠鏡 ~ ハッブル宇宙望遠鏡の打ち上げ、保守ミッションについて


ハッブル宇宙望遠鏡の画像を見るには、紙の本よりも電子書籍の方が色の再現性という意味では優れています。ハッブル宇宙望遠鏡の画像は元々デジタルデータです。印刷物にするには、デジタルデータの色を印刷のインクの色に置き換えるため、本来の色からはどうしてもズレてしまいます。電子書籍では、そのような色のズレがほとんどありません。