FBI元心理分析官が教える 危険な人物の見分け方 - あなたは毎日“隣りの隠れた犯罪者”に狙われている!

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

FBI元心理分析官が教える 危険な人物の見分け方 - あなたは毎日“隣りの隠れた犯罪者”に狙われている!

  • ISBN:9784054060890

ファイル: /

内容説明

ストーカー、通り魔殺人、ネット犯罪……。日々凶悪化する犯罪の実行犯は、じつは私たちのすぐそばに潜んでいるかもしれない。長年、FBIでさまざまな犯人を分析してきた心理分析官の著者が、危険な人物を見分けるための具体的なノウハウを伝授する。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

藤井寛子

62
すげー誠実な人だと思ったら犯罪者だったとか、いい人だと思ってたら陰ですごい悪口言われててあとからいじめられるはめになったとか、よくあるよね。直感ではほぼ分からないらしい。実はいい人とか悪い人だとか関係なく感じよく見える接し方が出来る技術を持つ人が結果的に得をする。いい方向だけに使ってくれればいいけど、騙す人がいる。それでも人を信じなくちゃ多分生きていけないですよね。2015/11/11

壱萬弐仟縁冊

26
特定秘密保護法の時代に、疑心暗鬼過ぎるのもいけないが、未然防止には自覚が必要か。2011年初出。危険人物は、自分を無害に見せ、信じさせるためにウソをつくのがうまい(52頁)。口先人間には要注意だな。リスク判定のSMARTモデルとは、トラブル評価し認識するしっかりした方法(83頁)。反社会性パーソナリティ障害は、浅薄な魅力、自尊心、ウソ、狡猾、良心の呵責なし、感情希薄、共感欠如、行動無責任、刺激求める、現実的目標なし、衝動的、行動制御不能、少年時犯行、若年時問題行動、犯罪には多彩(118頁~)。2015/01/03

もちもちかめ

19
冗長で覚えていられないけどたくさんのチップスは役に立つ。専門家が自分の仕事説明するんだからある程度は仕方ない。会った途端に直感で悪い人とすぐわかる、というのは完全な間違い。かえってとっても印象が良いらしい。じゃなきゃ、百戦錬磨の売春婦がターゲットの連続殺人なんて成り立たないけどよくあるし。子どもの誘拐だって、そうも簡単に女の子はついていったりしない。自分でリスク評価をする習慣をつけること。不快な兆候を我慢したり、周りの人と同じが第一と思って放っておかないこと。一人で解決しようとせず第三者をまず頼ること。2017/03/25

shohji

18
元心理分析官が危険人物を見抜く方法と対処法を伝授するため実例をあげて書いた本である。危険は本能や直感では感知できない。危険な人物は愛想が良く魅力的で自分を無害に見せるためのウソが上手い。人の印象を操作することはとても簡単なことである。そして危険な人物はそのやり方を心得ている。周囲に溶け込むのも上手く外見だけでは判断できないのだ。子供は見知らぬ人間に誘拐される危険より身近な人間に虐待される確率のほうが高い。非常に怖ろしい内容が続くが引き込まれていく。確かに一般的な価値観で語れない相手はいるのだと思う⇒2016/11/15

yooou

7
☆☆★★★ 期待してたのとだいぶ違ってた。纏め方がイマイチなのに加えてこれを実践する機会っていつなのかというような僕らの生活様式とはちょっとズレた状況設定で最後は飽きてしまいました。下手に活用しようとするとこっちがおかしなことになりそうな感じでしたよ。読むなら「サイコパスを探せ」の方がだんぜん面白かったっす。2015/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8309825

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。