批評家の手帖

個数:1
  • Kinoppy

批評家の手帖


ファイル: /

内容説明

福田恆存が著した「言葉の機能に関する文学的考察」断章形式の283篇を英語に訳す(Notes of a Critic)ことにより、日本人による本格的な言語論を今、海外に問うものである。「確かなものはひとつもない」……言葉の作用の実相を鋭利に明察した、現代日本の文明的批評、和英対訳でここによみがえる。
Notes of Critic on the subject of words in general, in novels, and in drama: of how they work there in reality. The first of this kind of Japanese critical writing ever to be translated into English.