サムライ伝<br> 双塔の谷の気高き死闘 (4) - サムライ伝 第二部 シモン編

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

サムライ伝
双塔の谷の気高き死闘 (4) - サムライ伝 第二部 シモン編

  • 著者名:浅倉卓弥【作】
  • 価格 ¥162(本体¥150)
  • 文力パートナーズ(2013/12発売)
  • 夏全開!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍(~8/16)
  • ポイント 25pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

トマスへの拝謁を終え西方の大都市サラマンディアへと帰還した蠍座の使徒・マティアのもとを、蟹座の使徒・バルトロマイと天秤座の使徒・マタイが訪問する。マティアがトマスから得た神の子の情報と引き換えに、バルトロマイは砂漠で見つかった「鉄の鳥」--空を飛ぶ機械が明日にも飛行可能だと告げた。マティアは自ら鉄の鳥に乗り込み、ゴモドへ向かうという。そこは神の子が次に現れるはずの島だった。
一方、暗闇の洞窟を進む雷電とミナは、渓谷の底で巨大な石彫の顔に遭遇した。その名は「スフィンクス」というらしい。訝る雷電とミナがようやく洞窟を抜けると、そこには王冠のような髪飾りをつけた人物が、二人を待ち構えていた。